暮らしのたより

内装工事

お手入れ簡単なお風呂の床!

お風呂の床は汚れやカビがつきやすく、掃除が面倒と思うことはありませんか?最近のお風呂の床は、汚れにくい工夫が施され、お掃除しやすく進化しています。

お風呂の床が汚れる原因は、身体から出る皮脂の汚れや石鹸カス。これを栄養源にして、カビや汚れが発生します。浴室内は湿度や温度が高いため、カビや汚れがつきやすく、お掃除が大変な場所でした。そんな面倒なお掃除の手間を省いてくれる、お手入れ簡単な素材の床があることをご存知ですか?

最新のシステムバスの床は、汚れがつきにくく、日々のお手入れがラクになる、さまざまな工夫がされています。

皮脂汚れをはじく素材の床や、水で汚れが落ちやすくなる加工を施した床、汚れに強い素材でコーティングした床など、それぞれに特徴が見られます。この様な素材の床は、皮脂汚れがつきにくく、スポンジで軽くこすれば汚れが落ちるので、お掃除がラクラクです。床の溝が浅いタイプのものは、汚れが溜まりにくく、スポンジやブラシが溝の奥にもしっかり届きます。

洗い場の床の水切れが悪いと、水溜まりができて、カビや水垢のもとになりがち。新型システムバスでは、床に細かく刻まれた溝が、洗い場の水をスピーディーに排水させます。水を溜まらせず素早く広げる仕組みで、水溜まりができるのを防ぎます。水はけの良い床は、翌朝にはカラッと乾くので衛生的です。