暮らしのたより

内装リフォーム

真冬でも冷やっとしないユニットバスの床

寒い冬場の浴室に一歩足を踏み入れたとたん、足の裏が「冷やっと!」することがあります。そして、居室と浴室との急激な温度変化によるヒートショックは、身体に大きな負担がかかります。近年、バリアフリーの流れを受けて、バスルームの設備もどんどん高機能化が進んでいます。

特に、ヒートショック対策では、浴室床暖房、浴室乾燥暖房機、床面シャワーなどのいろいろな機能があります。そのなかでも、ランニングコストがかからないのに効果が大きい優れものが、ひんやり感を軽減する床材です。「冷やっとしない床材」は断熱構造があるのが特徴で、裏側に発泡ウレタンの断熱クッション層が敷いてある床材や、内部に微細な気泡をもつタイルタイプの床材などが出ています。

床下からの冷気を伝えにくく、足裏から床に逃げる熱も減らすので、冬場でも冷たい感触がありません。さらに、空気を含んだ断熱層は、衝撃を緩和してくれるので、踏み心地も柔らかく物を落としたときも静かです。気持ちの良い床材で、ゆったりとくつろげる入浴時間を味わってみてはいかがでしょうか?