暮らしのたより

内装工事

浴室リフォームは窓の交換もお忘れなく!

浴室リフォームを行う際、後回しにしがちなのが窓です。せっかく保温性の高いユニットバスにしても、古い窓のままでは冷たい空気が窓から入ってきてしまいます。

時間や予算の関係で、浴室リフォームをする際に窓を替えずにそのまま使用するケースが多くあります。

しかし、古い窓の多くで使われているのは一枚ガラスで、断熱性が低いため、外の空気が室内に伝わり、浴室が冷えてしまいます。そのため、浴室リフォームをするなら、窓の交換も一緒に行うことが理想です。

これまでの窓リフォームといえば、外壁を切ったり、2階以上なら足場を組んだりと、大掛かりな工事が必要で、時間も費用もかかるのが一般的でした。

しかし、最近では、手軽に窓のリフォームが出来る商品が登場しています。既存サッシの枠の上からカバー材をかぶせるカバー工法で取り付けるタイプなら、外壁を切る必要がありません。時間もかからず費用も大幅に抑えることがでます。メーカーやシリーズを問わず、たいていの窓には施工ができ、一窓当たりのリフォームは約2時間で完了します。

もちろん、浴室全体のリフォーム時に限らず、窓だけのリフォームも可能です。窓を替えるだけでも、浴室内に入り込む冷気が抑えられ、ヒートショック対策としても有効です。

窓は、浴室の断熱を考える際にとても重要な場所です。手軽にできる窓リフォームがあるので、浴室リフォームの際には窓の交換もご一緒に検討されてみては如何でしょうか?